top of page

​挨拶

ご挨拶.PNG

身近な場所で
健康づくりの延長で
誰でも参加できるトライアスロンレースを目指します

万博記念公園トライアスロン実行委員会 事務局長 石橋 剛

第2回EXPO’70万博記念公園トライアスロン開催に向けて

 1985年3月に吹田市の市民プールと万博記念公園のサイクリングコースを使って第1回シティートライアスロン大会を開催したのが私がトライアスロン大会に関った第1歩でした。事情により第1回で万博記念公園トライアスロンは終ってしまいましたが、38年後に多くの方の協力で第1回EXPO’70万博記念公園トライアスロン大会を昨年開催し、多くの参加者に喜んでいただいたことで長年の悲願が実りました。

 第1回大会後のアンケートの結果、第2回大会の課題としてスイム会場水質、トランジッションエリアが2か所だった事、運営上の不備もあったことを反省し、第2回大会の準備を進めてきました。スイム会場の変更と水質浄化は交渉しましたが現状では困難と判断し、コースレイアウト、泳ぐ人数を少なくする、スケジュールに余裕を持たせる事により池の水の濁りが少なくなるよう配慮しました。トランジッションエリアは1か所にすることが出来ましたが連続して競技を進めるのではなくスイムゴールからT1入り口までを競技に含めない事で公園の使用許可を取り付ける事が出来ました。大会の準備は多くの協力者が現れ順調に進んでいます。

 第2回大会は2日間開催になりスケジュールに余裕が出きるのでトライアスロンの楽しみを拡げるようなイベントも開催していきます。6月29日30日は万博記念公園で参加するアスリート、家族、友人、スタッフ、来場者が楽しめる、来てよかったと感じてもらえる2日間にしていく為にスタッフ一同準備を進めていきます。

第2回EXPO’70万博記念公園トライアスロン大会の会場で皆様とお会いできることを楽しみにしています。

万博記念公園トライアスロン実行委員会 事務局長 石橋 剛

bottom of page